〔税制改正〕暦年課税と相続時精算課税制度 | 武蔵小杉・武蔵中原・武蔵新城エリアの賃貸はジェクト不動産部にお任せ下さい!

ジェクト株式会社
  • 営業時間
  • 駐車場申請フォーム
総合トップへ
本社サイトへ
電話番号
  • 入居者様へ
  • オーナー様へ
  • 仲介業者様へ
  • お問い合わせ

オーナー向け経営情報

  • 〔税制改正〕暦年課税と相続時精算課税制度

    2023-03-28

    相続対策のひとつ《生前贈与》。贈与税の課税方法には「暦年課税」と「相続時精算課税」の2 つがあり、どちらか選択ができます。昨年末、2023 年度の税制改革大綱が発表され、この2 つの課税制度が大きく変わることになりました。


    ◆暦年課税とは◆
    1 年間に贈与を受けた財産の合計額から、基礎控除額110 万円を差し引いた残額について、贈与税額を計算するもの。ただし、死亡日以前3 年間に贈与した財産は、相続時に「相続財産」に加算され基礎控除の範囲内でも相続税の対象になる。

    ≪改正内容≫
    ●相続開始前に贈与があった場合、相続税の課税価格の加算期間が、3 年から7 年に延長される。
    ●今回延長される4 年間の間に贈与された財産については、総額100 万円までは相続財産に加算しない。



    ◆相続時精算課税とは◆
    父母や祖父母など同一人物からの生前贈与額が合計2,500万円に達するまで贈与税がかからず、超えた部分には税率20%が課される制度。2,500万円までの贈与分は相続時に「相続財産」に加算され相続税の対象となる。

    ≪改正内容≫
    ●贈与により取得したその年分の贈与税の計算をする際、課税価格から基礎控除110万円を控除することができる。
    ●受贈した土地建物が災害により一定以上の被害を受けた場合、相続時に被害額を控除することができる。



    ◆◆point◆◆
    今回の改正で、基礎控除110 万円が制定される「相続時精算課税」が使用しやすくなると考えられます。ただし一度 「相続時精算課税」を選択すると「暦年課税」に戻ることはできず、また小規模宅地の特例が使えなくなるなどの制限も出てきます。どの時期に誰に何をどれだけ贈与したいのか。状況によって、選択が変わってきますので、よく検討する必要があります。
     


    テーマ名 

    ページ作成日 2023-03-28

カレンダー
 << 2024年5月  






月別

ページ上部へ

武蔵小杉店044-739-1101
中原店044-741-6088